スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
【USTREAM配信報告】商工会青年部県青連プレゼン
1位頂きました!3年越しの祈願です。
この評価は木村さんのスピーチ、皆様方からの支えがあってこそのもので、私の力は微力なものですが、新しい情報発信の可能性という題名もあり、がんばらせて頂きました。ご協力頂いた皆様に感謝申し上げます。

今回は、寒河江市商工会青年部が一年かけて行われる事業「想×創プロジェクト」を分かりやすく県連の方にプレゼンテーションを行うという事で資料をいろいろ作っていたのですが、我輩で力を入れているUSTREAMを新たな情報発信のツールとして事業に組み込みました。

内容については「百聞は一見にしかず」なので動画を見て下さい。


今回はプレゼンテーションの様子をUSTREAMで配信してみようと計画してみました。
県連
発表時の様子

県連図
各機器の配線図

ポイントは音声は当たり前として、発表者の顔が明確に分かるのと、USTREAMを見て頂いてる方がプレゼンの内容がしっかり分かるように、2画面を同時出力する計画でした。さらに今回はハイビジョン(HD-STD)を試験的に発信しました。

プレゼンの画面を出力するのは、当初予定では実際とプレゼン画面と、USTREAM用は別PCで同時進行でしようとしていたのですが、USTREAM配信側のMacの負荷が異常にかかりフリーズするのではという懸念からいろいろ模索していたところ、USTREAM Producerの機能にある「Desktop Presenter」が別PCの画面も出力できるという事も発見できたので、無線LAN経由で出力し、各Macでうまくチームプレーがとれたシンプルな構成になりました。

この配信自体は成功し、おかげさまで1位もとれたところで大満足…と思いきや、本来行いたかった部分もたくさんあり、反省点が残りました。

★Desktop Presenterのフレームレートの低さ
はじめこの機能はVNCで飛ばすのかな?と思っていたのですがどうやら独自機能らしく、VNCの様にさくさくと画面が動かず、1~3fps程度の非常にコマ落ちの激しい内容になりました。

プレゼンデータのアニメ―ションの様子はこちら


Keynoteの楽しさを伝えきれてない。原因は不明ですが、いつもiMacはVNCを無線LAN経由で操作ができているのでネットワークの問題ではなく、配信側のソフトウェア処理の遅延があるのではと思います。ようはもっと高性能のPCを使えと。

★撮って出しの大失敗。
実はプレゼンの前に1時間前までの様子をVTRで流してしまおうという計画がありました。いわゆる「撮って出し」の動画版です。JVCのカムがあるので、SDカードのまま編集して出力するという無駄なプロセスを徹底的に削られたワークフローだったのですが、出来上がったVTR(Quicktime HD形式)をUSTREAM Producerに入れてみたところ見事にバグ。ある程度の動画を出力できていたと思っていたので、ここでつまづくのはかなりの誤算でした。というより動作確認しとけよ。

Producerでしっかり再生できるコーデックにVTRを出力するべきという結果になるのですが、エンコード処理には時間がかかるので、撮って出しの醍醐味「本番再生ギリギリまで収録」から少し離れてしまいそう。

★いきなりだだ漏れによるViewer数の伸び悩みと、周りの対応
中身が良ければ人が集まるのがUSTREAMの魅力ではあるものの、やはり本番までいろんなVTRや本番前のコメントを収録するなりをして、ある程度事前の設えが必要でした。今回はVTRを用意しようとして失敗した経緯もありますが、本番直前に発表者からメッセージをもらいたいと声をかけても、どうしても発表側に集中してこちらには気配りを貰えない。また機器の設置も時間がかかるので、事前に設置時間を設けさせて下さいと言われても"どんな事をするのか分からない状況ではそもそも交渉の余地がない"ので、やはりUSTREAMとTwitterの認知度と意識付けを時間かけてみんなに伝えて行ければと思いました。

日曜日はGWに向けたUSTREAM配信の番組テスト。撮って出しがガンガン使われるので失敗せずしっかりだだ漏れしたいと思うのでした。
スポンサーサイト
[2010/04/24 09:52 ] | USTREAM | コメント(2) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。