スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
ます犬…被災者に「甘えるなクソババア!」投稿…
我輩の転落人生の一角として、4年前父の店が火事で全焼した事が例として挙げられますが
あの時を振り返ると、たくさんの方々に多大なご迷惑をかけて、同時に本当にたくさんの方からご支援を頂戴して
ようやく今の環境で落ち着く事が出来た…というすごーくありきたりな言葉が思い浮かばない状態なのですが

最初の3日間は父親のメンタル面をとにかく心配していました(自殺されそうで怖かった)
とにかく落ち込んだ気持ちを持ち直して、家族で声を掛け合い支え合って、再建しなければならないという頭で埋め尽くされて、一歩一歩、着実に前に進んでいったような気がします。1月に全焼し、お店が再開したのは5月でした。


そんな我輩の身の上話は置いといて


先々月、石巻市のボランティアで一般民家にヘドロのかき出しに行った話ですが、10数人の大規模な数でとある民家に足を運んでリーダーが状況を確認すると
家の中が異臭と異様なまでに散らかっている物、物、物。玄関には頭の高さまで山積みになっているゴミ。世間が言うゴミ屋敷が作業現場でした。

しかもゴミ屋敷の上、震災から二ヶ月経っていたので家の中がそのままで非常に不衛生。どれが必要でどれが処分するのかも分からず、リーダーが建物の中を見た時一瞬凍り付いていたようでした。

ボランティアを利用されたのは今回だけではなく、以前は庭のヘドロのかき出しをさせていたようですが、そのヘドロを詰めて山積みになった土のう袋は庭の端に置き去りにされ、山積みにされている状態。

周辺のご近所は何事もなかったようにきれいに清掃がされており、軒先に山積みにされていたゴミはすでに市もしくは業者が回収しており、なぜか今回のボランティア先のお宅だけ回収されていない状態でした。


詳しい事は確認がとれませんでしたが、震災ごみが回収されなかった理由を個人的な見解として、

・震災ごみを敷地内に放置状態にしていた
・上記の理由で業者が回収に来ても不在や、回収OKを出さずにそのままにされた
・税金を納めていない/ご近所の自治体と仲が悪いなどで周囲から対応してもらえない


とかなってるのかなーと勝手に想像しつつ、リーダーが「(処分してもらえないのは)困りましたねー。作業で出したゴミをどこに置きますか?」と家主の女性と話していたところ、やりとりをしている間に突然家主が声を荒げて


そんなこと、私が分かるわけ無いでしょう!!



ザワッ(一同凍り付く



その後も「ったく、そんな事くらいいちいち私に相談しないであんたたちでしなさいよ。」というスタンスでがしがしの物言い。





ブッチーン





甘えるんじゃねえぞ クソババア!



俺はお前が少しでも前に進んで欲しいと願って来てるんじゃ。お前自身が他人任せじゃ前に進まねぇだろ



と大暴れして怒鳴り散らそうと、汚い言葉がのど元限界まで上り、吐き出す寸前まで来ていましたが、
他のボランティアの全員が、不満な顔をひとつもせずうんうんとうなずいている姿に萎縮してしまい。じゃあ、倉庫の方を片付けていきましょうねーという流れで結局、清掃する事に。


その日は梅雨入りもしていないのにじめじめとした日で気温も上昇。


服についたヘドロは洗い落とせないので上下にカッパを着て、ヘルメットとマスク、長靴と重装備で作業をしました。




5月なのに…暑くて…暑くて…本当に倒れてしまいそうでした。




きゅうけいー。と声が上がってカッパを脱ぐと熱気が漏れ出し、服とズボンは洗い立てのように汗でぐっちゃり。
手元の水分は休憩前に使い果たし、ご同行頂いた方から一本お水を恵んでもらうにも数秒で無くなる。食べ物も少量



ふう…



おれは…なんのために…こんなことを…



我輩が自身を情けなくて反省しなければいけないのは、
上記の言動にどうしても納得がいかなくて、午後からの作業はリーダーに申し出て退出してしまった事です。

最後までやり遂げるのは当たり前の事ですし、なによりも一緒に同行して頂いたボランティアの方に申し訳が立ちません。

それでも、「ボランティアが作業して当たり前」の考えと、被災者の甘えが露骨に出ている姿にどうしても理解する事ができず、手を差しのばせる気になれませんでした

我が家もいろいろありましたが、幸いな事に親族で突如命を奪われるような事はありませんでした。ですので、今回の震災で身近な方が命を落とされた方々の苦しみは理解する事は難しいです…。しかし、度合いはそれぞれであっても人の苦しみは平等に与えられていると思います。被災・非被災は関係なく。
我が家は震災の影響ではありませんが、火事で失った財産、挫折をみなさんの支えでここまで立ち直る事が出来ました。
父のように時には厳しく、大らかで優しく見守ってくれる世の中に感謝して、その恩返しと言えるかは分かりませんが、今回の大震災で苦労されている方々にわずかでも力になれれば、と願って継続して支援しています。
ボランティアの私たちの支援は本当に小さくて些細なものです。復興の礎は現地の方々にかかっています。どうか互いに助け合って一歩ずつ前に進んで欲しいと願い、私たちもこれからも支援を継続していきます。



……



ところで、話が変わるんですが
本日、松本復興相が就任後、即辞任してしまったようなのですが
口が相当悪くてかなり酷評のようでしたが、真実って私たちが得た物で本当に正しかったのかとすごく疑問に残っています。

我輩のTwitter上でも複数の方と議論させて頂きました(ありがとうございました)が



いや、本人が口にした事は事実だと思います。



でも、私たちへ到達する情報にはすでに、事の本質が存在していないのではないか?という心残りです。
マスコミの編集って実に優秀で、正しい情報を送ってくれてはいるんでしょうけど、失言の前後に本人が言いたかった本質的な部分を話していて、それをマスコミがカットしているんじゃないかとくすぶっています。



具体的にどういう事か。



↑↑我輩の本日のブログを本質と仮定して。マスコミが編集した場合。

表題「ます犬…被災者に「甘えるなクソババア!」投稿…」

ます犬が個人で投稿しているブログ、7/5日の記事によると被災者に対して「甘えるなクソババア!」と発言した旨を記載し、さらにはボランティアの途中放棄も紹介。これが話題となりブログが炎上、翌日、記事とブログ本体を削除した。本人は深く反省し、「B型で短絡的。本意が伝わらない部分がある」と謝罪した。



…と紹介されて、我輩の居場所が無くなって超孤立。という図。ちなみにます犬の血液型もB型です。


「被災者とは人一倍寄り添っているつもりだったが、言葉が足りなかったりして、被災者の心を痛めたことを本当におわび申しあげたい。言葉が足りなかったり、荒かったりしたのは不適切だった」
「これからは子供たちのために、一兵卒として復興に努力していきたい。」


……(ノーコメント)


これで我輩のブログが炎上しなかったら、政治家って大変だな…と同情します。
でもいずれにせよ、特に成果が無く辞められた事に関しては残念です。





我輩も怒られないように普段の生活(仕事)をがんばろう…





最後に、不適切な発言を記載した事を心よりお詫び申し上げます。
スポンサーサイト
[2011/07/05 13:15 ] | 未分類 | コメント(9) | トラックバック(0) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。