スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
【まとめ】USTREAM配信による新たなる可能性
今回、山形県西川町にて行われた、西川町長選挙公開討論会においてUSTREAMによる映像生中継を実施いたしました。

USTREAM機材

切り替えはカメラ二台によるスイッチング。Mac二台で運用し、iMacは配信専用に、MacBookはテロップ作成として回しました。

トラブル等も「想定外」な事もあり、運用自体はあらゆる場面において細心の注意を払わないといけないという課題も残りましたが、テロップやV配信などを駆使する放送局のクオリティを個人で且つ生で配信できるというのはメディア配信の新時代を迎えたと共に、新たな可能性を秘めているという事も実感しました。

今回発生したトラブルは以下の通り

・ソーシャルサービス(Twitter側)で短縮URLが間違えていた
→最も想定外で原因不明。おそらく公開当日に「sagaejc」チャンネルを我輩個人のものから寒河江JCへ移行したので、USTREAM側のDBがしっかり反映できていなかったのではと思われる。

・試験放送中の間出演者からの失言が目立った
→放送局でのノウハウがあれば、配信する前に出演者に事前説明などが行えたはずですが、突然生で配信しての失言は取り返しが付かないため、経験の浅い配信者は、配信側で入念に出演者に「生放送におけるリスク」を説明する必要がある。

・複数のテロップ切り替えで、同時に行う事が出来ない(USTREAM PRODUCER PRO・以下USTPP)
→コピーライト+質問項目で1レイヤー。もう一つは「開会の挨拶」などの司会進行のテロップでレイヤー分けておりましたが、USTPPはそのレイヤーごとに項目が分かれており、同時に切り替えるという仕様がない。テロップ自体まとめて1枚画像で作ってしまう等の工夫が必要ですが、音声切り替えも同時に入るとどうしようもない。

・録画ボタンを押し忘れ
→単純に我輩の操作ミスですが、よくよく考えればテロップなどのクオリティを記録する手段はこのRECORDボタンにしかなく、やはり放送された映像の記録という面を甘味するとRolandのEDIROLの映像スイッチャーなどで全て操作を行い、そこから配信側へのPCと、記録用のDVへ出力。などの考慮は必要のようです。本格的に業務として行う場合バックアップも当然必要なのでそのような出費を考慮しないと行けません。

UST配信ソフトはたくさんあり、配信前にUstreamのデフォルトのFLASH(以下USTFLA)を使うといいとアドバイスを貰い、それでまずは始めようと準備していたのですが、いろいろ問題も発生しました。

→カメラ2台切り替えによるスイッチングで、USTFLAではDVが1本しか認識できないため、フリーズ。
→USTFLAにCamTwistを。2台の切り替えが可能になったが、切り替え時1秒間のブランクが発生
→WindowsでManycamを使用してみたが、2台認識するものの、1台しか表示できない

など、映像にこだわる側としては残念な部分も多くあり、結局複数でしかもディゾルブで映像を切り替えることが出来るのはUSTPPだ。という結論になりました。

配信中にPOLLを使用してみたら?という意見も即反映したかったのですがUSTPPではそれらしき機能が見あたらない??というか操作がいまいち分からなかったというオチです。

USTPPを採用した理由はもうひとつあり、比較的良好なテロップがテンプレートとして用意していたので、時間に追われていたり・低予算で運用せざるをえない状態の場合でクオリティを追求すれば現段階ではUSTPPがいい感じです。CPUに依存しますが、アルファチャンネルを含んだ動画も重ねることが出来れば、放送局クオリティの3DCGのかっこいいタイトルインやテロップも入れることが可能です。(動作未確認)

あと、今回ひとりで全部するぞ!!的になりそうでしたが、放送レベルのクオリティではカメラマンとオペレーターを分けて最低2人必要です。オペレーターはテロップやシーン切り替えに加えて、ソーシャルサービスでも「開会式なう」とつぶやいたり、意見を貰った際に返事するなどの作業も含まれるのでとても一人では運用できません。

今回のスケールで理想だった人財配置
・オペレーター1名(シーン切り替え・テロップ作成)
・カメラマン1台ごとに1名
・ソーシャルサービスへの発言者1名(代表としてつぶやける等、知識を蓄えた人)

ともあれ、いろいろ課題が残りましたが、個人的には「やろうと思えば出来る」という手応えはしっかり掴みました。あとは状況に応じて環境機材を変え、あらゆる場面において現場の空気まで伝わるような映像配信を今後追求してみたいと思います。

最後に、ご協力頂きました皆様へ改めて心よりお礼を申し上げます。皆様からお力添えを頂いたからこそ実現できたライブ配信です。今度は皆さんが楽しんでくれる映像配信を行い、皆様へ恩返しができればと思います。この度は本当にありがとうございました。
スポンサーサイト
[2010/04/05 07:10 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<ドルフィンスイムをライブ配信【テスト】 | ホーム | ホームページ制作の新規受付の終了について>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→http://masuken777.blog40.fc2.com/tb.php/33-d835c8f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。