スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
業務向けUSTREAM屋内配信【試案】1クルー2カメ操作
前略。どうやら我輩は一流のUSTREAMERの方々とはスタンスが違うようです。

あるものを有効的に使い、音を重視しながらむしろ視聴者が楽しめる中身を重視せよ。というのがトレンド(間違ってたらごめんなさい。)ですが

我輩。ます犬の場合は小さな田舎町で映像の仕事をしているので事業規模も小さく、その中でいかに技術者としてクオリティを発揮するかに視点を向けて、下記の柱でこれまで研究してきました。

1.マルチカム+HD配信+最高音質が「可能」をベース
2.最小構成スタッフを限りなく削減
3.放送クオリティを実現するための出費を限りなく削減
4.荷物を最小限に留める
5.ワークフローを徹底削除
6.記録(DVD/Blu-ray)に残せる(重要)
7.上記を実現させた上での顧客へ低予算提供(最も重要)

都会と比較し、視聴者確保の為の絶対的な分母(人口)が低い地方では、都会の予算で提供しようとするのは需要と供給のバランスが合いません。でもクオリティは求められるというシビアな世界で生き残るために、機材への出資を抑えながら必要な人件費もバッサリして且つクオリティ重視。という視点で提案しました。

1-to-2
※上記はいろんなソフトや機材を試しながら「実現可能構成」で作りました。一部企業秘密的な要素もある為ぼやかしが入っています。しかも実際は配信MacのCPU負担や細やかなバランスが必要の為、必ずしも実現できるとは限りません。あくまで参考値です。

まずメイン配信(Mac Pro)
スイッチャーの選択肢もありましたが、Ustream Producer Proでマルチカムができるのになぜ改めてスイッチャーを買わないと行けないの?という疑問と、HD配信の際には機材が百万以上するという絶望的な出資。テロップ用PCが別途必要になるなど必要規模が爆発的に拡大するので、スイッチャーを買わない方法をなんとか見つけよう。という事でMacPro1台で基本制御が出来る構成にしました。(中身はヒミツ。)

でどうやらこの構成で行った場合、iPhoneに映像を流すことが出来ないようなので(2010年5月現在)メインカムからコンポジットを取り込みDVへ変換し、MacBookで基本配信を行います。ここは既存配信の流れと同じです。

1.3マルチカム+HD配信+最高音質が「可能」をベース/放送クオリティを実現するための出費を限りなく削減
USTREAMにHD配信はいらないという事は分かりましたが、記録という視点ではアーカイブはHD化しておいた方が後々マネタイズに効果を発揮します。画質面ではYoutubeには敵いませんので、後々ハイクオリティコンテンツとしてアップロードしておきチャンネル化。徐々にシフトされるであろうBlu-rayにも収録しちゃうよ!!という謳い文句は必要かと思います。

2.最小構成スタッフを限りなく削減
最もかかるのは機材費以上に人件費なので、ここをいかにカットするかと考えた時に、カメラ2台をオペレータ1名のそばに置きカメラアングルを随時動かしながらスイッチング。ソーシャルも事前に起こしておいたつぶやき文面をコピペで対応。ただしユーザーからPOSTされた内容は迅速に返事できるように。

…でもここが一番キモというか、ここは凡人は操作できないと思うので当面は我輩1名の運用方法として記載しておきます。予算が上がってきたら各カメラとソーシャルクルーを配置するという方向で。

4.必要な機材は最小限
荷物を抑えるのも重要。運用上のカメラとかケーブル類はしょうがないとして、Macproは本体だけでも重い上に、キーボードやマウスにモニタなども運ばないといけないのでこれもカット。MacBookからLANケーブルで専用ポートに接続し、リモートで操作すればMacPro本体動作に必要なケーブルはLAN・電源・Firewireのみとなります。

5.6.ワークフロー削減/記録(DVD/Blu-ray)に残せる
DVDに記録したいという要望が来た際にはサーバー上にレコードされた物ではフレームレートも低い上に画質上使い物にならない。でも「カメラに記録した映像を編集するのは面倒くさいし手間がかかる」という想いに応えるため、配信の画面をMacPro本体へ高画質記録してしまいます。これにより画質面・フレームレート面でも収録用途では通用しますし、なによりもテロップとかを入れるために再度編集するという煩わしさを無くすことが出来ます。

↑難点はフレームレート保証ができない+デインターレースの関係で100%画質保証の記録ではない点です。収録時に余計なプロセスが入ると記録フレームレートが落ちましたので、DVDに落としたいという需要で、放送クオリティではないけど視聴クオリティとしては十分ですよ。という位置づけ。やはり完パケを目標とした完全収録は各カメラのオリジナルを再編集した方が良いです。

これらを上手に運用しながら、「え。このクオリティがこんな予算でできちゃうの?」とクライアントをびっくりさせるのが我輩の仕事だと思っています。

我輩はトークもネタを苦手なので、USTREAMERの皆様のように人を魅了させる番組を作ることは出来ませんが、その大切な資産(コンテンツ)をより視聴者へ鮮明に提供する事こそが我輩の立ち位置かなと考えています。


まあ、ここまで大した口をぺらぺら喋るのは研究結果なのであってあとは失敗を重ねながら実践していきます。different TV2さんもウチに遊びに来て頂いたことですし、強力なタッグとしてコンテンツを提供できればと思います。

山形のUSTを盛り上げる山形組USTREAMERとして、STUDIO-MUGEN気合いを入れて提供していきます。
スポンサーサイト
[2010/05/08 20:33 ] | USTREAM | コメント(0) | トラックバック(0) |
<<仙台青葉まつりのUSTREAM配信担当-Co-hostしまくり案 | ホーム | 【スペース提供】5/7 22:00~different TV2>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→http://masuken777.blog40.fc2.com/tb.php/54-fe8e97fb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。