スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告 |
ます犬…被災者に「甘えるなクソババア!」投稿…
我輩の転落人生の一角として、4年前父の店が火事で全焼した事が例として挙げられますが
あの時を振り返ると、たくさんの方々に多大なご迷惑をかけて、同時に本当にたくさんの方からご支援を頂戴して
ようやく今の環境で落ち着く事が出来た…というすごーくありきたりな言葉が思い浮かばない状態なのですが

最初の3日間は父親のメンタル面をとにかく心配していました(自殺されそうで怖かった)
とにかく落ち込んだ気持ちを持ち直して、家族で声を掛け合い支え合って、再建しなければならないという頭で埋め尽くされて、一歩一歩、着実に前に進んでいったような気がします。1月に全焼し、お店が再開したのは5月でした。


そんな我輩の身の上話は置いといて


先々月、石巻市のボランティアで一般民家にヘドロのかき出しに行った話ですが、10数人の大規模な数でとある民家に足を運んでリーダーが状況を確認すると
家の中が異臭と異様なまでに散らかっている物、物、物。玄関には頭の高さまで山積みになっているゴミ。世間が言うゴミ屋敷が作業現場でした。

しかもゴミ屋敷の上、震災から二ヶ月経っていたので家の中がそのままで非常に不衛生。どれが必要でどれが処分するのかも分からず、リーダーが建物の中を見た時一瞬凍り付いていたようでした。

ボランティアを利用されたのは今回だけではなく、以前は庭のヘドロのかき出しをさせていたようですが、そのヘドロを詰めて山積みになった土のう袋は庭の端に置き去りにされ、山積みにされている状態。

周辺のご近所は何事もなかったようにきれいに清掃がされており、軒先に山積みにされていたゴミはすでに市もしくは業者が回収しており、なぜか今回のボランティア先のお宅だけ回収されていない状態でした。


詳しい事は確認がとれませんでしたが、震災ごみが回収されなかった理由を個人的な見解として、

・震災ごみを敷地内に放置状態にしていた
・上記の理由で業者が回収に来ても不在や、回収OKを出さずにそのままにされた
・税金を納めていない/ご近所の自治体と仲が悪いなどで周囲から対応してもらえない


とかなってるのかなーと勝手に想像しつつ、リーダーが「(処分してもらえないのは)困りましたねー。作業で出したゴミをどこに置きますか?」と家主の女性と話していたところ、やりとりをしている間に突然家主が声を荒げて


そんなこと、私が分かるわけ無いでしょう!!



ザワッ(一同凍り付く



その後も「ったく、そんな事くらいいちいち私に相談しないであんたたちでしなさいよ。」というスタンスでがしがしの物言い。





ブッチーン





甘えるんじゃねえぞ クソババア!



俺はお前が少しでも前に進んで欲しいと願って来てるんじゃ。お前自身が他人任せじゃ前に進まねぇだろ



と大暴れして怒鳴り散らそうと、汚い言葉がのど元限界まで上り、吐き出す寸前まで来ていましたが、
他のボランティアの全員が、不満な顔をひとつもせずうんうんとうなずいている姿に萎縮してしまい。じゃあ、倉庫の方を片付けていきましょうねーという流れで結局、清掃する事に。


その日は梅雨入りもしていないのにじめじめとした日で気温も上昇。


服についたヘドロは洗い落とせないので上下にカッパを着て、ヘルメットとマスク、長靴と重装備で作業をしました。




5月なのに…暑くて…暑くて…本当に倒れてしまいそうでした。




きゅうけいー。と声が上がってカッパを脱ぐと熱気が漏れ出し、服とズボンは洗い立てのように汗でぐっちゃり。
手元の水分は休憩前に使い果たし、ご同行頂いた方から一本お水を恵んでもらうにも数秒で無くなる。食べ物も少量



ふう…



おれは…なんのために…こんなことを…



我輩が自身を情けなくて反省しなければいけないのは、
上記の言動にどうしても納得がいかなくて、午後からの作業はリーダーに申し出て退出してしまった事です。

最後までやり遂げるのは当たり前の事ですし、なによりも一緒に同行して頂いたボランティアの方に申し訳が立ちません。

それでも、「ボランティアが作業して当たり前」の考えと、被災者の甘えが露骨に出ている姿にどうしても理解する事ができず、手を差しのばせる気になれませんでした

我が家もいろいろありましたが、幸いな事に親族で突如命を奪われるような事はありませんでした。ですので、今回の震災で身近な方が命を落とされた方々の苦しみは理解する事は難しいです…。しかし、度合いはそれぞれであっても人の苦しみは平等に与えられていると思います。被災・非被災は関係なく。
我が家は震災の影響ではありませんが、火事で失った財産、挫折をみなさんの支えでここまで立ち直る事が出来ました。
父のように時には厳しく、大らかで優しく見守ってくれる世の中に感謝して、その恩返しと言えるかは分かりませんが、今回の大震災で苦労されている方々にわずかでも力になれれば、と願って継続して支援しています。
ボランティアの私たちの支援は本当に小さくて些細なものです。復興の礎は現地の方々にかかっています。どうか互いに助け合って一歩ずつ前に進んで欲しいと願い、私たちもこれからも支援を継続していきます。



……



ところで、話が変わるんですが
本日、松本復興相が就任後、即辞任してしまったようなのですが
口が相当悪くてかなり酷評のようでしたが、真実って私たちが得た物で本当に正しかったのかとすごく疑問に残っています。

我輩のTwitter上でも複数の方と議論させて頂きました(ありがとうございました)が



いや、本人が口にした事は事実だと思います。



でも、私たちへ到達する情報にはすでに、事の本質が存在していないのではないか?という心残りです。
マスコミの編集って実に優秀で、正しい情報を送ってくれてはいるんでしょうけど、失言の前後に本人が言いたかった本質的な部分を話していて、それをマスコミがカットしているんじゃないかとくすぶっています。



具体的にどういう事か。



↑↑我輩の本日のブログを本質と仮定して。マスコミが編集した場合。

表題「ます犬…被災者に「甘えるなクソババア!」投稿…」

ます犬が個人で投稿しているブログ、7/5日の記事によると被災者に対して「甘えるなクソババア!」と発言した旨を記載し、さらにはボランティアの途中放棄も紹介。これが話題となりブログが炎上、翌日、記事とブログ本体を削除した。本人は深く反省し、「B型で短絡的。本意が伝わらない部分がある」と謝罪した。



…と紹介されて、我輩の居場所が無くなって超孤立。という図。ちなみにます犬の血液型もB型です。


「被災者とは人一倍寄り添っているつもりだったが、言葉が足りなかったりして、被災者の心を痛めたことを本当におわび申しあげたい。言葉が足りなかったり、荒かったりしたのは不適切だった」
「これからは子供たちのために、一兵卒として復興に努力していきたい。」


……(ノーコメント)


これで我輩のブログが炎上しなかったら、政治家って大変だな…と同情します。
でもいずれにせよ、特に成果が無く辞められた事に関しては残念です。





我輩も怒られないように普段の生活(仕事)をがんばろう…





最後に、不適切な発言を記載した事を心よりお詫び申し上げます。
スポンサーサイト
[2011/07/05 13:15 ] | 未分類 | コメント(9) | トラックバック(0) |
<<南相馬にボランティア行ってきた | ホーム | 近況報告>>
コメント
ん~
知事に対しての態度…
とかはどうでも良いんだよ
唯、気のチッチャイ感情の
操作ができない奴。なだけ
(ま~そんな奴しかいない
人材不足は大分問題だ)
それよりも問題なのは
自分が於かれている立場を
考えれずに発言した所が
一番馬鹿なんだと思うよ
(マスコミにどう弄られるかを
想像できないって事だから)
断片的と言ってもあの台詞
(書いたら終わりってのね)
が出るってのは以前から
ああやってやってきたって
証でしょ。今回もいけると
思ったらいけなかった…
自分の立っている場所が
見えてなかったんだろうねぇ
あ~それを考えれば
『唯の馬鹿』だね。ッポイだ。
[2011/07/05 13:55]| URL | キムラ #- [ 編集 ]
Re: ん~
納得です。
立場を弁えないとオイタがすぎるんですね。
まぁ個人的には辞任へ追い込む沸点の低さが
あまりにも強いのではという感もあったのですが
いずれにせよ何も出来なかったのは残念です
[2011/07/05 14:07]| URL | ます犬 #- [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2011/07/05 23:39]| | # [ 編集 ]
上記コメントのお返事
●●●様 (非公開コメントでしたので名前は伏せさせて頂きます)

ご丁寧にコメントを頂きました事に感謝申し上げます。

返事に先立って、あらかじめ申し上げておきたい点がございます。
今回の投稿と●●●様へのお返事はあくまで私個人の見解でありますので、ボランティア全体の考え方とは異なる場合があります。また、●●●様へ考え方に対する押しつけもできるだけ避けたいと存じます。あくまで私いち個人の考えだと認識頂ければ幸いです。

>> 恐縮でございますが、ます犬様にとって、ボランティアとは、何でいらっしゃいますか?誰のために、そして、何のために、どんなお気持でボランティアをされていらっしゃいますか?

表だっての大義名分は「社会貢献」の一言に尽きると思います。
私自身、あるゆる方々からのたくさんの支えでこの世に生を受けている以上、普段の生活では何かしらか人に迷惑をかけたり、気がつかない場所で他人を苦しめていたりしています。また、自分が困ったときに誰かが手を差しのばせて助けて頂いたりするなどたくさんの恩も同時に受けています。直接恩を返す事ができずとも、何かしらかの形で世の中に恩を返す事は出来ないのかというジレンマが昔から持っており、今回はボランティアという形で誰とは限定せず、不特定多数の方々に災害復興の支援という形で足を運んでいる次第です。




ただし、本心はまた別にあります。

ぶっちゃけた話、「自分自身」です。




まだ独身の身であるため、こんな事を申し上げるのは実に恥ずかしいのですが、仮に将来子どもができたら伝えたい事があります。


「人はいざと言うときにどう行動するかで本質の大半が見える」

「普段はクズとか最低とか言われてもいいから、いざと言う時に困った人の役に立てられる人になってほしい」


こんな事を言えるのは実際に体験しないと伝わりません。それを堂々と言える人間形成の為に今、駆け回っています。


私の行うボランティアに「誰のため、何のため」の想いの矛先に「人の相手」はいません。
私は、町や地域が元の形へ再生する為の惜しみない努力をしますが、誰かに押しつけるような事はしたくはありません。地元が違う私たちがどうしたこうしたで劇的な再生を果たすとは考えにくいのです。それ以上に、現地の方々の一歩前に進む力が最も必要であると考えています。もし、その貴重な一歩が進めないでいるなら、私たちが一緒に肩を組んでお手伝いしますよ。という役割で十分だと思います。


ただ、今回ご紹介させて頂きました記事については話が別です。


私は、被災された方を特別な視線で見ないように心がけています。
「人は鏡」ですので、仲良く接すれば仲良く返してくれますし、ケンカ口調で物事を言われたら、ケンカ口調で返します。ほんの数分前に初対面した人ですので、後者で言われれば普通は大ケンカです。
私が現場で納得いかなかったのは、出逢ってすぐにその「上から目線」という行為で「ボランティアがやって当然」という姿勢をされた事に猛烈な憤りを感じたという点です。

現地で「被災しているから特別だ」という認識が異なった方向性へ解釈されてしまうと復興の妨げになると思います。私も過去に家族の財産を失った経験があるので、その点はよく理解しています。

また、●●●様もご経験されているという事で現場をご承知かとは存じますが、
なかなか、ボランティアもきれいごとでは済まない事も回数を重ねる度に経験しました。
ここには書けないようなトラブル、罵りを受ける場面もありました。


今回はあえて、垣間見える現場の(裏の)現状も知って欲しい。という想いであえて記載させて頂きました。


この件の途中退席した事は私自身も反省しており、以後のボランティアは一日、一日を最後まで行っています。


取り上げる内容に問題がありましたらお詫びをして削除したいところではありますが、可能であれば掲載を続けたいです。

本件でご不快な想いを与えてしまいました事をお詫び申し上げます。同時に、貴重なご意見頂いた事にも大変感謝しております。(差し支えが無ければ、他の方にも把握できますのでコメントを公開して頂けると幸いです。)
●●●様も今後もぜひ現地への絶大なるご支援、ご協力をよろしくお願い申し上げます。(増川 佳祐 @masuken777 )
[2011/07/06 14:43]| URL | ます犬 #- [ 編集 ]
前回のコメントにつきまして
早速のお返事、誠に有難う御座いました。
ご回答を頂けて光栄に御座います。

何点かまたお話ししてみたい事はございましたが、
まずは取り急ぎ先日のコメントを公開設定にできるかどうか、との事で私からできるかどうかを探してみたのですが、探し方が稚拙であったためか方法が分からなかったので、まず文章を記載しなおしたいと思います。


ここからが先日の私めのコメントでございます。


「拝啓

 ます犬様、初めまして。
いつもためになる記事を拝見しており、
私もごく微力ではございますがボランティア活動に
参加させて頂いた事があります身、
度々のご活躍に感激しながら更新を楽しみにして御座いました。

 ただ、今回の記事を拝見していて、どうしても書きたい事が
御座いましたので、言葉足らずではございますが
いくらか書き置かせて頂ければと思いました。

 恐縮でございますが、ます犬様にとって、
ボランティアとは、何でいらっしゃいますか?
誰のために、そして、何のために、
どんなお気持でボランティアをされていらっしゃいますか?

 お前が少しでも前に進むため…云々のくだりや、
気分を害されて退出されてしまった話…を拝見し、
正直に申しあげまして、衝撃を受けると同時に、大変悲しい気持ちになりました。
ます犬様は聡明な方だとお聞きしておりましたのに、
そんな残念な事をおっしゃるとは…と少々心が痛く、驚いてしまいました。

 恐縮ですが、自分が気に食わない態度を被災者にとられ、
それを甘えだとされて作業を中断されたのが事実であるならば
それはボランティアを通じて恩を着せにいってやっている、という
一方的な下心の表れなのではないかと思わずにはいられないので御座います。
ボランティアという恩を自覚なしに相手へ着せて、
人を上から見ていらっしゃいますように見えてしまうので御座います。
某大臣の甘えるな云々という発言へ共鳴してしまわれる事こそ、
安全な場所から他者を見る人間特有の、上から目線であるように感じてしまうのです。
あの大臣も、結局まつりごとにあぐらをかいて役人仲間を見下したから、
あれだけ世間の荒波に揉まれ辞任に追い込まれたものと考えて御座います。

 他のボランティアの方々が嫌な顔ひとつせず
うんうんと首を縦にふったのがます犬様にはすごい事に見えるのも、
結局、ます犬様はボランティアというものを、
暗黙のうち、他人を見下す理由にお使いでいらっしゃるからではないでしょうかと、
正直いって強い疑念を抱かずにはおれません。

 何かしらの見返りや、名声を求めてこのような事を記事にされるのなら
これほど悲しい事も御座いません。
あまつさえ、このボランティアの問題を、
政界のスキャンダルと同列に扱われるのもいささか
論点に疑問を感じてしまいます。
私はあれとこれが同じ問題であるとは思えません。
もし同じに見えてしまったのだとするなら、
それは別の意味で大問題であると私は考えてしまうので御座います。

 炎上しなかったら政治は大変だなとおっしゃっている御姿を見て、
今回ばかりは残念で御座いますが賛同いたしかねる旨表出致しますがため、
このようなつっかかるかのような内容を書き申し上げました事を
お許し下さいませ。私も宮城県内に妻を持ち、被災者支援活動を
小さくながらさせて頂いている身の上、
ます犬様のますますのお力添えが、被災地に
多大な光になります事を、心よりお祈り申し上げております。

敬具」
[2011/07/06 21:40]| URL | 湯沢翁 #OARS9n6I [ 編集 ]
続きましてで恐縮です
 ボランティアの在り方において大変興味深いお話をお聞かせ頂き、
光栄至極に御座います。
ご丁寧にお返事も頂き、本当に感謝申し上げます。

 無論、この世のボランティアなるものの在り方には様々な
考え方が御座いますので、無論私めも在り方そのものについてを、
どうこう申し上げるつもりでは御座いませんでした。
謂わば、今回の内容を通じて、本当に気になりましたのは、
ます犬様の「周囲に対するご姿勢そのもの」の部分で御座いました。

 私がご指摘申し上げたかったのが、
(ます犬様が「ご自身のためにボランティアをされている」と仰せである点を
吟味いたしますれば余計に気になるところなので御座いますが)

 文章の所々に、意図してかそうでないか、
自分は苦労しているから、周囲らとは違う身分であるだとか、
安全な所から物を謂う人間より、危険な場所で作業を行う人間の方が偉いだとか、
お前らもやれば分かるであるだとか、
ボランティアをされているお立場というものをいささか身分・肩書として扱う
物言いに取れてしまうような部分がおっしゃる事から垣間見れてしまい、
多分に気になったので御座います。

 私も人から見下されると本当につらいですし、
それはそもそも先ず人として在ってはならぬ事であると理解して御座います。
しかしながら、本来念頭に置くべきだった事は、
ボランティアという行為そのものは本来何のためにあったか、ではないかと
私は考えたので御座います。
それは被災者に恩を着せるためで御座いましょうか?
ありがというと謂わない、我々を上から見る者を叩くためで御座いましょうか?
いいえ、災害という誰にでも起きうるものに突如襲われ、
人生の様々なものを奪われてしまった方々を、
御支え申し上げるためのものであったろう、と私は思ってやまないので御座います。
動いたきっかけが自分のためであれ、人のためであれ、綺麗事では済まない状況であれ、
出発点は、ただ、それだけであったはずで御座います。

 本当に恐縮な物言いを刷る事となりなんと申し上げればいいか
悩みますが、いわばます犬様の文章には、本来あるはずのない、
「見下し」のニュアンスが垣間見れてしまった気がしたので御座います。

 先だって復興大臣の座を追われた松本氏なる方も、
彼がおっしゃっていた内容や、内閣から期待されていた手腕そのものには
私も全く疑念を頂いたりはしておりません。
只、あの方が政治家として一番やってはいけなかったのは、
「謙虚さを失い、同胞や周囲に対してやくざ紛いの圧力をかけた」事で御座いましょう。
彼もまた、本来は日本の復興という大仕事を任されながらも、
その立場に酔っておいでである事に、ご自身ですら気付かれなかったので御座います。
そうでなければ、仮にもカメラが回っている場で、
あのような発言を何の抵抗もなくできようはずが御座いません。

 いい事を言う人だからと謂って、悪事が許されるなどと云う事は御座いません。
本件とボランティアの話に共通点がもし在るとするのならば、
「人知れず恩を着せた気になり、自らも気づかぬところで
驕り高ぶってしまう落とし穴があるかもしれぬ事」でございましょう。
多くの方が、ます犬様のお姿に尊敬のまなざしを向けておいでです。
そんな方々には、裏心なきまっすぐなお姿をお見せ頂ければと
願ってやまず、僭越ながらこのような文章を書き遺させて頂きました次第で御座います。
[2011/07/07 00:10]| URL | 湯沢翁 #- [ 編集 ]

貴重なご意見頂きました事にお礼を申し上げます。

意図も含め「見下し」のニュアンスが含まれており、不快を与えてしまった点について深くお詫び申し上げます。

本来であれば記載しないような、本文に過剰なくだりが
あった点につきましては投稿の際に私も不安に思っておりましたし
削除するべき点も多々あったかと思います。

ですが、今回は
「現場環境による発言の真意と、一般に到達するまでに行われる情報添削による真実の欠如」
の題材もありました為、私自身が発言するまでに至った経緯(経験)等も含め、しっかりと情報を埋めようと記載させて頂いた次第です。

ボランティアは人同士の接点ですので、細かな衝突はあると思います。
私が携わった現場はすべてにおいて美しい人間愛で終わるとは限りませんでした(元々は接点の無かった全くの他人の現場がほとんどですので)
普段では書かない(書いてはいけない)ようなぎりぎりの経験談を紹介したかったという想いもあり、批判は覚悟の上でご紹介させて頂きました。



>>いい事を言う人だからと謂って、悪事が許されるなどと云う事は御座いません。


おっしゃる通りです。


私もブログにてボランティアの紹介をして行くにつれて
「いい事ばかり紹介していく内容に違和感を覚え、偽善者のような姿が形成されているのではないか」
と自身への嫌悪感を持っていた部分がありました。


私も出来損ないの人なので、いろいろやらかします。


いい事ばっかり書くと自身の悪い所が見えないので、悪い所も書いて時々自分の株をしっかり落とそうという変な意図もあります。
あくまで私のブログで書くスタンスは、「ボランティアしてるいい人っぷりをこれ見よがしに載せる」のではなく
現場で実際に起きた事、感じた事、本質も可能の限り伝える事です。


(……実現できていない点が多々あり猛省していますが)


感情論を持ち込む事の愚行もさることながら、内容にも問題があり重ね重ね頭を下げておりますが、それでも私の抱く疑問、問いかけにご覧頂いて、お返事まで頂いた事に心から感謝申し上げます。
[2011/07/07 10:23]| URL | ます犬 #- [ 編集 ]
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
[2012/06/21 19:48]| | # [ 編集 ]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[2013/06/13 22:13]| | # [ 編集 ]
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
→http://masuken777.blog40.fc2.com/tb.php/95-ca4319f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。